Home > Information > 64bit版Vista 再インストール時のための手順メモ

64bit版Vista 再インストール時のための手順メモ

ディスクが生きている場合の作業環境復帰用メモです。

何かあったときのために、メインドライブはむしろ容量小さめで高速なものを
選んでおくべきだと思いました。何よりフォーマットが速い。

なお、140GBのドライブで、再セットアップにかかった時間は1時間半前後でした。
↓とりあえず動くようにするためのメモなので、間違いとかもあるかも…。おいおい直していきます。
パスワード忘れてブログにアクセスできなくなってあせったので、とりあえずいつでも見れるように公開。

インストールの下準備

用意しておくもの
各種ドライバディスク:マザーボードとチップセット、グラフィックボード、そのほかハードウェア
Wacom タブレットドライバ*20081204現在、CS4対応のため英語版を入れる必要アリ
CreativeSuite一式(旧バージョンのパッケージとかならず一緒に置いておくこと)
Comicstudio一式(旧バージョンのパッケージとかならず一緒に置いておくこと)
事前にやっておくこと
ストレージ用ドライブへのデータ退避:メインドライブ以外はフォーマットしないので。
マシンのハードウェア構成は最低限にしておく。プリンタやスキャナ、タブレットなどは抜く。
Thunderbirdのデータ退避は、C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Thunderbirdフォルダを丸ごと。

Vistaインストールまで

BIOSの設定変更
起動をDVDドライブ優先に変更
Vista インストール
DVDドライブにVistaのディスクを入れ、インストール開始。
インストール先のドライブはフォーマットする。

準備開始~インストール完了までは約30分。

Vistaインストール後

入れていく順番*インストール後、必要な場合はその都度再起動をすること。また、ソフトの類はすべて終了させておく。
チップセットドライバ<少なくともこれだけはインストール直後、一番最初に入れる。
そのほかドライバ(グラボなど)
タブレットドライバ
ディスプレイまわりの設定
デュアルディスプレイの設定(windowsキー>コントロールパネル>nvidia コントロールパネル>表示-複数のディスプレイの設定>お互いに独立して設定)
リフレッシュレートを上げる(酔うので。表示>解像度の設定)
ディスプレイの色設定(コントロールパネル>個人設定>画面の設定>詳細>色の管理)←補完必要
タブレット設定
ドライバインストール後、ペンをタブレットに近づけると設定画面が立ち上がる。
ショートカット設定:下ボタンにctrl+z、左大ボタンにスペース
筆圧:やわらかいに一個ずらす
Tablet PC設定を切る(コントロールパネル>プログラムと機能>Windowsの機能の有効化または無効化>Tablet PCオプションコンポーネント)
ついでにインデックスサービス、Windowsミーティングサービスも切っていいかも?
そのほか
自動更新を切る(コントロールパネル>セキュリティセンター>Windows Update>設定の変更>更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかどうかは選択する)
↑これはやっておかないと夜中に本気で泣くことになる。
入れるアプリ
CreativeSuite
コミックスタジオ
ウイルスチェッカーの類

ここまででとりあえず作業環境は整う。

comment closed:
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

Home > Information > 64bit版Vista 再インストール時のための手順メモ

Search
works
Feeds

Page Top